つい先日、長年乗っていた愛車をついに売りました。

中古車の買取を依頼する際、もう動かなくなった車でも値段を付け
つい先日、長年乗っていた愛車をついに売りました。売るのを決めた際に売る先の中古車業者から、中古となった車をインターネットで販売する流れや売却の手続きに関する書類などの詳しい説明を受けました。大切に乗ってきた愛着のある車なので、大切にしてくれる方に売れて欲しいと思い、こちらも真剣に話を聞きました。

車を購入する時にはディーラーに車を下取りを依頼することも結構ありますが、その時、下取りと同時にスタッドレスを買取は頼めるのでしょうか。実際のところディーラーによって対応に開きがあり、高く査定額で、買い取ってくれることや処分引取りで値がつかない場合もあるので、前もって確認することが必要です。

2~3年前のことになりますが、車の買い替えを思い立った際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を探していた時期があります。



その当時は、情報を集める手段としてインターネットで車の査定価格をいろいろと調べた上で、車の一括買取サイトに申込を行いました。思っていたよりも低い買取金額の提示が多かったのですが、中古車の査定相場は時期によっても少し異なるようです。

車を販売する場合に、ちょっとでも、高く売りたいと考えるならば、様々な査定業者に査定をして頂いてから売ることを決断した方が良いと思います。



なぜなら、その会社により査定額、又は条件などが違うことがあるからです。後から後悔しないように、複数同時に査定を受けるのが勧めます。

実際に、車をいくらで買い取ってもらえるかは業者によって違っており、状況によってはかなり大きな価格の違いが生じることもあります。

査定に出す業者を一つに絞らない方がいいというのはこういう事が生じるためです。買取業者数社に査定依頼を出す場合、一括査定サイトを利用すれば便利に査定依頼でき、そんなに面倒な作業ではありません。買取で低く評価されてしまう車といえば、改造車ですね。大きな買取業者の場合、装備品がメーカーやディーラーの純正品であれば高く評価される場合が多いです。需要があるのはサンルーフや純正ナビ、革シートなどで、これらは査定で高く評価されますが、しかし、車高調整や社外アルミ、エアロなどの改造は車の価値を上げるものとはなりません。


売りたい車がスポーツカーなら、専門店が最も高値を付けてくれるでしょう。一般車は車査定で売って、レアものの車はインターネットのオークションサイトを利用することが良い方法かもしれません。しかしながら、ネットオークションだと個人売買なので、問題が起こる可能性が高いです。ローリスクで車を売りたいのであれば、やはり車査定という手段を取る方が良いと思います。事故車両の時は、修理代にお金をかけても、事故を起こす前と同じような状態にはできないことも多々あるでしょう。事故時に車が受ける衝撃によって、フレームに歪みが発生してしまうと、完全に直すことが不可能なこともあります。
事故車両に修理代を使っても、事故車を専門に買い取っている業者に売って、新車を購入するのが安全面ではおすすめです。